エアロレザージャケット・パンツの
リペア・オータレイション・セミカスタム。
そしてヤレたジャケットこそ清潔なビンテージであるべき
だからエアロレザー専用のクリーニング。

エアロレザージャケット・パンツのリペア、オータレイション、セミカスタム

Repair・リペア

zipperが壊れたからといって眠っているエアロレザージャケットはありませんか?

愛着があったりイワク付きだったりとJacket ageとともに物語は違うでしょう。
昔のジャケットを引っ張り出し、リペアしてクリーニングして更に20-30年着るというのがエアロ流です。

*基本的にAeroLeatherClothing,LtdのScotland本社工場にて、原則的には当ジャケットを作製した職人本人がリペア。安心です。

*製作したときのミシンとリペアのミシン目が同じということで、リペア跡が残りません。これはAeroLeather, Scotland工場でしかできないことです。

リペア例:

*ジッパー修理・交換

*ライニングの修理・交換

*A-2などの袖口、裾ニット交換

*各所ほつれ、破れ等修理

など

Alteration・オータレイション

*いわゆる「お直し」。既製品を買ったもののやはり胴周りを絞りたい。そでを細くしたい。こんなときも弊社エアロレザージャパンがお客様のディテールをお聞きするところから仕上げまで責任を持って対応いたします。

オータレイション例:

*二の腕まわりサイズダウン

*胴周りサイズダウン

*着丈を短く

*袖を短く

*パンツをタイトに

など

Semi-Custom・セミカスタム

通常、新規オーダーメイド・ジャケットを作るときにカスタム・オプションとして施すのですが(一度作製してからカスタムするのは明らかに二度手間ですね?)、何年か着てイメチェンをしてみたいとかやはり携帯電話用の内ポケットだけはなくては困る・・のとき、今からでもセミカスタムができます。

リペア、オータレイション、セミカスタムは現実的にはオーバーラップしているところが多分にあります。リペアついでにセミカスタムとか、オータレイションついでにセミカスタム、と考えることはごく自然です。

更には、クリーニングもやってしまうのが一番効率的です。

順はこちらで