エアロレザージャケット・パンツの
リペア・オータレイション・セミカスタム。
そしてヤレたジャケットこそ清潔なビンテージであるべき
だからエアロレザー専用のクリーニング。

レザージャケットのクリーニング

製品化されたレザーは全て時間とともに油脂分が失われていき、本来のしなやかさなどがなくなり最後は劣化します。

この劣化を防ぐのがレザーのメンテナンスです。

しかしながら、間違ったメンテナンスの場合もあります。
特にエアロレザー(Horween社のChromexcel)のメンテは特殊です。

ミンクオイルなどでカチカチになってしまっていたり、譲り受けたエアロジャケットで以前どんなメンテがされていたのか分からないような場合、エアロ・クリーニングをお勧めします。
間違ったオイルの上から正しいメンテをしても更生しません。

まずはクリーニングの工程で脱脂しレザーををすっきりとリフレッシュさせ、その後正しい油脂分を加脂することにより、いつまでもレザー独自の潤いなどが保たれるのです。

更生された後はエアロ・レザーコンディショナーで正しくメンテを続けていくのは言うまでもないでしょう。

色修正・コーティング
エアロレザーのホースハイドはヤレた経年変化が一番きれいですので余程人工的に色を落としてしまったような場合以外は色補正やコーティングは不必要です。

レザー製品のクリーニングは、汚れを取り除きながら、失われた油脂分などの栄養を補給し、いつまでも永くお使いいただける状態にいたします。

クリーニングの手順はこちらご参照ください。